ー日焼けどめが溶け落ちるー

バンコク生活情報、タイ旅の記録、在タイ日本人として思う事などなど。2016年4月に本帰国

人生初・宇宙精神体みーちゃんとチャネリング。

f:id:migiwaaan:20160226102210j:plain クリエイター。創造の人。イメージするスピードが人より大分早い。そのイメージは時系列に沿って浮かばない(発想の神は順番を考えていない)。イメージの量とスピードに行動が追いつかないため、常に焦っている。ストレスが溜まる。 部屋のあらゆる場所にホワイトボードを置く、またはノートを作る。とにかくメモすること。 そんな作業が、後の自分自身に大きく役立つ。

・・・・・・チャネリング開始後、すぐ伝えられたのがこんな内容であった。文字にするとなんてことはないかもしれないが、私にとっては目からウロコな内容だった。

神辺バンビさんは、日本のスピリチュアルチャネリストである。

ameblo.jp

活動拠点は主に中国地方だが、近年、バンコクやインドネシア、台湾など活動の場を拡げておられる。 チャネリングはどこでも大人気で、今回バンコクで行われたプチセッションも予約待ちが出来るほど。これは無理かと諦めていたところ、数時間前にキャンセルがあり、運良く滑り込むことができた。これも守護神のおかげか??

「スピリチュアル」とか「占い」にはかなり疎い方だ。何か精神的に頼りたくなった時、答えがわからなくなった時はだいたい、本を読むか、誰かに会う。気が向けばちょっとだけ運動をする。目に見えないものにお金を払うのが面倒な現実主義だ。



そんな私がなぜか、チャネリング(宇宙精神体との交信)を体験することに。きっかけは口コミ。身近な経験者が「とにかく面白い」「当たる」と言ってはばからない。神でもアドバイザーでもとにかく、自分自身の事を客観的に語ってもらえるというのが魅力的に思えた。 タイ在住であることも動機の1つかもしれない。何事にも寛容なこの国の雰囲気が背中を押した。



30分間で聞いたことを今改めて思い変えずと、なんだかこう・・気が楽になっていく。それだけでも初体験に挑んだかいがあったというもんだ。得した気分。楽しい経験をすると、誰かに伝えたくなるのが人情。 こうして、バンビさんの予約はますますとりにくくなっていくだろう。


私の場合、手が濡れている時によくひらめくらしい。濡れていてもメモるためにはどうしたらいいのか。 と、思ったらこういうものがあった。

すばらしい。こりゃお風呂タイムが変わるわ。