ー日焼けどめが溶け落ちるー

バンコク生活情報、タイ旅の記録、在タイ日本人として思う事などなど。2016年4月に本帰国

本帰国して間もなく1年【後編】

f:id:migiwaaan:20170414063228j:plain
海から戻り、全員で夕食の準備をした。

f:id:migiwaaan:20170414063319j:plain
タイ料理のフルコースに加え、中庭ではバーベキューの豪華メニュー。
f:id:migiwaaan:20170417101357j:plain
f:id:migiwaaan:20170414063305j:plain

私も確か、一品日本料理を作ったが、何を作ったのか思い出せない。

余談。これより前、自宅にタイ人数名が遊びに来た。手巻き寿司をメインに準備をした。具材は自分の好みで、胡瓜や紫蘇など野菜を多く並べた。いざ食事が始まると、ツナマヨや卵焼き、サーモンが予想外に早く無くなってしまい、慌てて追加を作った。

思うに、タイ人は生野菜をあまり食べない。
路上の屋台にはよく、バジルやミント、パクチーがテーブル上のザルに盛ってある。セルフサービスでおかわり自由だ。しかし、ムシャムシャ食べたりはしない。メイン料理がきたら、それらをちぎって少しだけ口に含んだり、スープに浮かべたりする。
今日本で話題の「パクチーサラダ」をタイで見かけたことはない。パクチーは薬味のような扱いである。サラダ=刻みネギを山盛りにして食べているようなものだ。

野菜の代わりに、果物は大人も子どももよく食べる。水溶性ビタミンは果物で補うということか。


夕食後は、いよいよ旅行のメイン時間。

「どんちゃん騒ぎ」

f:id:migiwaaan:20170414063355j:plain
ウォッカにマナオと塩。炭酸水で割り一気に飲み干すのを延々と繰り返す。恐ろしき飲み方。

f:id:migiwaaan:20170417093427j:plain
こういう小道具を、用意周到に持参してくる。

f:id:migiwaaan:20170414063409j:plain

誰に気兼ねする訳でもなく、いつのまにか一人、二人と別室に移動していることもない。日付が変わると、さすがに部屋の隅っこで丸くなっている者もあったが、大音量でタイポップスを響かせ、大人も子どもも踊っていた。コップの酒がひっくり返り、スナックがそこらじゅうに散らばっていた。酔狂だった。


私はタイ語があまり話せない。全く楽しさに影響はない。タイ人は皆、《全員楽しむこと》を重んじてくれているから。

もちろんズルさもある。楽しむことには並々ならぬ団結・行動力を発揮するが、ひとたび問題が起こると顔色は一変する。目の前の問題が透明で見えないかのように振る舞う。名指しで誰かのせいにする。悪口を言い回る。
しかし、人間らしい。


私達日本人は皆イイ子だ。我慢強い。責任感がある。几帳面。そんな日本人が、生涯タイで暮らすことを選択する時。タイ人の人間らしさに魅せられ《日本人らしい振る舞い》に嫌気がさしているのかもしれない。


濃い梅酒ロックを煽り、汗が吹き出るほど踊りながら、そんなことを思っていた。





翌朝、誰かがシャワーを浴びる音で目が覚めた。キッチンでは数人が朝食の準備をしていた。私達夫婦が一番朝寝坊だった。コーンフレーク、目玉焼き、ジョーク(タイのお粥)、トースト・・朝もしっかり、豪華だった。全員でなんだかんだとたわいもない話をしながら、旅行最後の食事を楽しんだ。

軽く掃除をし、ゴミを1箇所にまとめた。ゴミは分別などなく、持ち帰る必要もなかった。

最後の記念写真にはかなり時間がかかった。タイ人は3度の飯より写真が好きだ。全員のスマートフォンで撮り終えた頃には、頬の筋肉が痙攣していた。

f:id:migiwaaan:20170417094947j:plain

1年前のあの日に戻りたいとは思わない。私は変化しているだろうし、タイもタイ人もどんどん変わっていく。特に、あの国では最近変化が激しい。


でも、海の向こう側にもう一人の自分がいる。そう考えると肩の力が抜ける。


ขอบคุณ มาก ค่ะ. โชคดี นะ คะ !