ー日焼けどめが溶け落ちるー

バンコク生活情報、タイ旅の記録、在タイ日本人として思う事などなど。2016年4月に本帰国

バンコクで勝間和代さんの講演会

f:id:migiwaaan:20151030095236j:plain

半月ほど前の事。

勝間和代さんの本は読んだことがあるが、内容が記憶にない。金融にも経済にも無頓着。ただ、生でお話するのを聞いてみたいというそれだけでひとり出掛けてみた。無料だったし。

昼と夜の部があった。昼間の部は女性の自己啓発、夜はアジア経済とAECのお話。両方を申し込んでいたが、朝体調がすぐれず夜のみの参加となった。

今も鮮明に覚えているのは、話すスピードと引き出しの多さ。「2時間の講演は長過ぎる」と本人が最初に言っておられたが、確かに。普通の講演会の2倍は感じるボリューム感。元々足りない集中力をふりしぼって聞いた。

一流の社長に共通する点は、情報収集量と、実行するスピードが常人と違う。そんなお話も。一流の社長になるつもりはないが、フリーランス(=社長?)として参考になる点だと思った。脳みそにメモメモ。

 

以下走り書きより。

・消費税を上げずとも、扶養控除を廃止し、35歳前後の女性がしっかり働き、しっかり納税できれば国を支えることができる。

・これから東南アジアのどこかに投資するならベトナム。タイは△。

・中国への投資はマジやばいぞ〜〜〜

・人狼ゲーム、一度やってみるべし

・差別と日本人という本がおもしろい

 

参加者の8割方は男性。講演終了後、参加者の真ん中を通って会場後ろの控え室へ向かう勝間さん。見た目はごく普通の女性である。ピンと伸びた背中と大股で歩く姿が気持ちよかった。

 

 夜9時。BTS(バンコクの高架鉄道)に乗り込み帰路についた。BTSの中は国内外のサラリーマンやタイ人OLで混んでいた。雨期が終わり、夜は一枚羽織りものが欲しいくらい涼しい。帰りにスーパーでお弁当用の卵を買って帰った。