ー日焼けどめが溶け落ちるー

バンコク生活情報、タイ旅の記録、在タイ日本人として思う事などなど。2016年4月に本帰国

日本人の色彩感覚

f:id:migiwaaan:20151101062549j:image

相変わらず日本旅行が人気だ。バンコクのあちらこちらで、旅行会社の広告を見る。日本の風景が色鮮やかに描かれている。

 
日本といえば桜、紅葉、雪、富士山…
 
間違ってないのに何かが違う。広告を凝視する。違和感の正体は色使いだ。桜は「ピンク」色。紅葉は「オレンジ」色。違う、そうじゃない。しかし、「桜色」や「山吹色」をタイ人に伝えるのは難しそうだ。
 
バンコクのネイルサロンで秋らしい色使いを希望した。澄み切った秋空の水色。光を遮るようなアスファルトのグレー。肌寒く穏やかな海辺の青…
 
そんな色はタイにない。相手が見たことがないものを言葉で説明するのは難しい。しか私のつたないタイ語。当然分かってもらえない。ネイルスタッフが持ってくるボトルの色はどれも何かが違う。最後は自らボトルを指指して指定。
仕上がりには満足だったが、その色使いがスタッフに納得してもらえた気がしない。
 
 
街ですれ違う人が日本人かどうかは遠目でも何となくわかる。やはり「色」が違う。肌ではなく服の色だ。日本人が選んだ色を、この国で見るとどこか野暮ったい。コーディネートにパンチがない。少し寂しげに見える事すらある。返って目立つから見つけやすい。
 
 
自分の色彩感覚が日本人独特のものだったとタイで実感した。
 
在タイ3年目。心の底から「友人」と呼べるタイ人は残念ながらまだいない。
色ひとつでこんな風だ。感性がぴったり!なんて出逢いには、まだまだ時間がかかりそうだ。